インテリア

【知る】常識を超えた健康畳!(MIGUSA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建築家 おすし
建築家 おすし
 お疲れ様です!
「思いをデザインする。」にお越し頂き、有難うございます。
管理人の「建築家 おすし」です。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

畳の常識を覆した健康畳!
ご存知ですか?

この記事は、こんな人におすすめ!

・和室を設けようか迷われている方
・畳とフローリングで迷われている方
・畳の良さを再認識したい方

 

(出典:https://www.sekisuimigusa.jp/)

前回の投稿で
「畳」のメリット・デメリットを紹介しました。
※まだご覧になられていない方は、こちらをご覧下さい。

和室も畳も昔から好きだけど・・・
なんだかんだメンテナンスも大変だし・・・
今回は諦めるわ・・・
という方に画期的なアイテムがあります!

その名も「MIGUSA」です。

なにそれ?
「い草」じゃないの?

頭に「?」が浮かんでいると思います。

今回は、
新たな健康畳「MIGUSA」を紹介していきます!

現代に馴染む畳を知り、
マイホーム計画の幅を広げよう!

見どころ一覧

 

では、
早速「MIGUSA」を紹介していきます。

・そもそも「MIGUSA」とは?

化学メーカーで
有名な「積水化学工業株式会社」
グループ会社である
「積水成型工業株式会社」が
生み出した新しい「畳」です。

積水化学工業の住宅ブランドが
「セキスイハイムさん」で有名ですね!

この新たな「畳」の
「MIGUSA」がとてもおすすめです!

化学メーカーらしく
風合いや肌触り、吸湿性等の
天然い草の特徴を活かしながら
高い耐久性や安全性、
バリエーションに富んだ色柄等を作り出し、
い草を超える「MIGUSA」を生み出しました!

4つの特長

・耐久性に優れ、地球環境に優しい「樹脂+無機材料」

耐久性に優れる
ポリプロピレン(樹脂)
天然の風合いを醸し出す
無機材料(吸湿性炭酸カルシウム)
配合させた商品!

天然の無機材料を元にしているため、
燃えても有害物質を発生せず
「人にも環境」にも優しい畳です。

・呼吸する畳

い草の構造を採用し、
内部に空気層を実現している。

い草の畳と同じく
適度なクッション性があり、
表面には目には見えない呼吸孔を設け、
湿気を調整することができます。

いわゆる「呼吸する畳」です。

・いつまでも美しく、多彩な機能性

新しい暮らしをデザインするのを
得意とする「積水化学さん」らしく、
い草の特長を残し、
かつ、耐久性や安全性、
バリエーションに富んだ色柄等の
高い機能性を実現している。

・豊富なカラーバリエーション

い草の畳とは、違います。

流行りのテイストに合わせることができるように
「40色以上」のカラーバリエーションを実現している。

・畳のデメリットを復習しよう!

画期的な「MIGUSA」の特長を紹介してきましたが、
今一度畳のデメリットを確認していきましょう。

※「畳のメリット・デメリット」は、こちらをご覧下さい。

・汚れやシミがつきやすい

空気が含まれているメリットを紹介しましたが、
畳の上に「飲み物や食べ物」をこぼすと
すぐに染みこみ、汚れ・シミになります。

フローリングよりも水分を吸収しやすいため、
非常に汚れが目立ちやすいです。

・ダニ,アレルギー物質が発生しやすい

ダニやアレルギー物質は湿気を好むため、
住み着いてしまうことが多いです。

そのためダニの天敵である換気を
定期的に行う必要があります。

こまめに掃除と換気をすると良いでしょう。

・家具を置くと跡がついてしまう

畳は弾力性があり、
メリットもありますがやわらかい素材であるため、
家具を置いたりすると「跡」がついてしまいます。

跡を消す方法は、
沸騰させたお湯につけた雑巾を絞り、
跡の上に雑巾を置きます。

その上からアイロンをかけることで
跡が目立たなくなります。

・定期的なメンテナンスがいる

畳は、繊細で「日焼けや酸化」をしてしまいます。

そのため、
定期的に裏返したりとメンテナンスが必要です。
目安としては、
3~4年に1回裏返し、
10年に1回交換する必要があります。

このようなデメリットがありました。

では、
「MIGUSA」でどれだけの
デメリットを解消できるでしょう。

・「MIGUSA」のメリット

・汚れに強い

い草は、汚れに弱く繊細でした。

「MIGUSA」は、
「100%」に近い洗浄率(汚れの取れやすさ)を誇るため、
お手入れやお掃除が簡単です。

お子さんがジュースをこぼしてしまっても、
つい居眠りをしてコーヒーをこぼしてしまっても
さっとふき取ることが可能です!

・アレルギー物質が発生しない

い草は、湿気がたまりやすく、
ダニやアレルギー物質が繁殖しやすい
デメリットがありました。

「MIGUSA」は、
「日本アトピー協会」が推薦する
「ダニ・カビ・アレルギー物質」の心配が少ない畳です。

・シックハウス症候群にも安全

アレルギー物質だけではなく、
シックハウス症候群の原因の1つとされる
「ホルムアルデヒド」等の物質を
放出しない安心の素材です。

・高い耐久性

い草に比べて、
非常に耐久性が強いです。

経年劣化が起こりにくく、
毛羽立ちにくい工夫がされており、
頻繁な畳の交換が必要ありません。

・日焼けしない

い草と異なり、
「MIGUSA」は「樹脂」でできていることもあり、
日焼けをしにくい素材になっています。

経年劣化による変色も防ぐことができます。

・クッション性に優れる

い草と同様に
スポンジに似た構造をしており、
弾力性があるため、
万が一転倒した場合でも安心です。

・「MIGUSA」のデメリット

い草のデメリットを
解消してくれる「MIGUSA」ですが
当然デメリットもあります。

これが最大のデメリットかもしれません。

・い草香りがしない

「MIGUSA」は、
樹脂でできているため、
い草の香りがしません・・・

畳といったら
「い草の香り」というくらいの
メリットがありません・・・

これをどうとらえるか・・・

現代の生活に合わせて作られた
「MIGUSA」ではありますが、
唯一「香り」がしません。

中には、
香りなんてなくていい!
メンテナンスが楽ならいいよ!
という方もいれば、
香りがないなら畳じゃない!
そんなの座布団だ!
という方もいらっしゃいます。

魅力的な面も多い「MIGUSA」
ご家族でどう判定しますか?

ご家族の「思い・優先順位」にあった
選択ができるといいですね!

皆様の素敵なマイホーム計画が
成功・成就することを願っております。

建築家 おすし。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*