はじめの一歩

【知る】展示場見学でアポイントを取らせるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建築家 おすし
建築家 おすし
 お疲れ様です!
「思いをデザインする。」にお越し頂き、有難うございます。
管理人の「建築家 おすし」と申します。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

いざ住宅展示場の見学って
すごく緊張する・・・
何に気を付ければいいの?

この記事は、こんな人におすすめ!

・住宅展示場の見学仕方が分からない方
・住宅展示場を有意義に見学したい方
・マイホームの依頼先を決めていない方

 

(参照 家サイト https://www.e-a-site.com/)

 

「住宅展示場」の見学に関して、
緊張と不安を持っている人は
少なくないと思います。

前回住宅展示場見学の「下準備」に関して、紹介しました。
※まだご覧になられていない方は、こちらからご覧下さい。

今回は、見学当日の「注意ポイント」を紹介していきます。

これからハウスメーカーの住宅展示場へ行かれる方や、
一度住宅展示場巡りで失敗した経験がある方は、
是非参考にしてみてください。

「住宅展示場」を楽しむ!
小さな心がけで大きな収穫を得よう!

見どころ一覧

 

展示場に来られるお客様は、
「緊張感と不安」を抱いており、
よそよそしい雰囲気で入ってこられる方が多いです。

それは当然のことで
「なにをどうしていいかがわからない」からです。
だからこそ「下準備と心がけ」を知っておくことで
「不安」を取り払って頂きたい。

家づくりは、楽しんで行うものです。
楽しで「マイホーム計画」を進めていきましょう!

・住宅会社としての確認

まず展示場の「設え」や「手入れ具合」の
確認をしてみましょう!

その住宅展示場では
どんなことに力を入れているか
細かいところにしっかりと手が届いているかがわかります。

例えば「賃貸経営系」の設えがされていれば
このお店は「賃貸経営系」に力を入れているんだとわかります。

企業の「思い」も確認をし、ミスマッチを防ぎましょう。

・ハウスメーカーの商品の確認

たくさんあるハウスメーカーの違いが
一番出てくるポイントは、
「構造・外壁・屋根・基礎・保証(アフターサービス)」です。

住宅展示場には
材料のサンプル等があるので実物を見てみて下さい。

また参考程度に「30坪・4LDK」程度の建物を新築した場合に
どの程度費用がかかるか聞いてみて下さい。
※坪単価は、あまりあてになりません。

また商品の説明を受けて「洗脳」されないようにしましょう。

ハウスメーカーの選び方で紹介したように
「1番優れたハウスメーカー」はありません。
※まだご覧になられていない方は、こちらも合わせてご覧下さい。

感覚としては、
「こういうところが人気なんだ。私たちにぴったりかも!」
「なんか私たちが求めているものと違うかな~」
と自分たちの「思い・優先順位」と比較するようにしてみて下さい

・営業マンの確認

服装や言葉遣いは、もちろんのこと。

実際にそのハウスメーカーで建てることになった場合
一生のお付き合いになる可能性があります。

「好き嫌いや波長」というものもある程度大切になります。
「正直合わないな」と思ったら
正直に担当を変えてもらうのが良いと思います。

それがお互いのためにもなります。

またその営業マンが「建築を好き」かどうかを見抜きましょう。

営業マン次第では、「注文住宅」なのに
「建売住宅・仕様決めるだけ住宅」みたいになってしまいます。

実際に
「建築なんて興味ない。」
「稼ぎたいから売るだけ。」
「人に興味があるだけ」
という営業マンも多いです。

「住宅営業」のプロとして
「建築」を好きな「営業マン」を探しましょう。

意外と「思い」を
デザインできない「営業マン」が多いです。

プレゼン等を見れば一発でわかります。
「建築」が好きな「営業マン」は、
設計図の提案においても
「すべてのことに意味を持たせています。」

これこそが「注文住宅」なのです。
プラン集を切り取ったような
「建売住宅」にならないように気を付けましょう。

・サービスの確認

どのハウスメーカーが
「お客様」のためにどのようなサービスを行っているか。
情報を収集しましょう!

「イベント情報・自社分譲地
・どのような進め方をするか
・どこまで無料でやってもらえるか」等あります。

ときめくイベントが開催されているか等を確認しておきましょう。

またハウスメーカーさんによって、
マイホーム計画の進め方に多少の違いが出てきます。
どんな流れでどこまでが無料でやってもらえるか確認しましょう。
※ほとんどのハウスメーカーは無料です。

「会社」「商品」「人」「サービス」のどれも欠くことのできない要素です。

この4つのポイントをご家族で確認してもらえれば、
展示場見学のハードルが大幅に下がることでしょう。

また情報量や充実感に差が出ること間違いなしです。

・失敗したくないなら気を付けて欲しい。

最後に現役住宅営業マンからのアドバイスです。

「アポイントは、取らせるな!」

「雰囲気良かったしお願いしちゃおうかな~」
と気軽な気持ちで次の約束をしようとしていませんか?

それではだめです。

圧倒的に優秀な営業マンが担当してくれたり、
掘り出し物的感覚を覚えることもあると思いますが、
一度家に持ち帰ってから判断しましょう。

あくまで大切なことは
「思い・優先順位」とのマッチングです。

その場では「相性いい」と思っていても
実際には「ミスマッチ」だったということもあります。

またご家族間で
「私はいいと思ってなかったけどあなたが言うから!」
と喧嘩になってしまうこともあります。

そんな喧嘩を防ぐためにも
家に帰ってから「家族会議」を開いて、
「思い」を確認しましょう。

これが本当に大切なステップです。
意外かもしれませんが「ご夫婦間」で
喧嘩してしまうケースも結構あります。

打合せ中に奥様が泣き始め、
なぜか仲裁に入ることも多々ありました・・・

一番ベストな方法は、
ある程度網羅されたカタログと名刺を持ち帰り、
「家族会議」をすること!

焦ったり、勢いで決めることはいいことではありません。

楽しいマイホーム計画の第一歩を歩み始めるために、
「下準備・心がけ」をしっかりご家族で
確認してからスタートしましょう!

建築家 おすし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*