トレンド

【知る】レジリエント住宅をご存知ですか?(CASBEE)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建築家 おすし
建築家 おすし
 お疲れ様です!
「思いをデザインする。」にお越し頂き、有難うございます。
管理人の「建築家 おすし」と申します。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

 

レ・レ・レジリエンス住宅・・・
それくらい知ってるよ・・・
あれだよあれ・・・

この記事は、こんな人におすすめ!

・最新の住宅事情を知りたい方
・災害に強い家づくりをしたい方
・備えあればを考えてる方

 


※出典:一般財団法人建築環境・省エネルギー機構

今住宅業界で話題になっている
「レジリエンス住宅」をご存知ですか?

ハウスメーカー等の建築会社に関係なく、
国が提唱しているのが
「レジリエンス住宅}です。

ぜひご家族の安心のためにもご一読下さい。

話題の「レジリエンス住宅」の考え方を理解して、
より安全・安心を求めましょう!

見どころ一覧

レジリエンス住宅,CASBEEとは?

マイホームの役割として
「健康・安全」という要素は
欠かすことのできないものだと思います。

万が一
災害に遭ってしまった時は
最大限被害に遭わないようにする。

災害後は、
素早く日頃の生活を回復させたい。

災害時の影響に対しての
「しぶとさ・強靭さ・回復力」のことを
「レジリエンス」と表現しています。

要するに
「しぶとく、強靭な、回復力」
のあるマイホームが
「レジリエンス住宅」です。

そのレジリエンスのレベルを
チェックするために用いられるのが「CASBEE」です。

この「CASBEE」は、
国土交通省支援の元作成された
建築物の環境性能を評価し
格付けするツールです。

2001年からスタートし、
様々な面から建物の品質を
総合的に評価することが目的です。

CASBEEは、
「しぶとさ・強靭さ・回復力」の3つの
観点から評価をしています。

平常時の健康・安全を高める免疫力
・日常において「健康被害や事故」が起きにくくなっているか
・「省エネルギー」な住まい・暮らしとなっているか

災害発生時に命を守る土壇場力
・災害リスクを把握しているか
・命を守る行動のための事前準備ができているか
・災害時に命を守り、建物が被害を抑え、復興しやすいか

災害後の生活を支えるサバイバル力
・災害後、インフラが回復する まで数日間の間、 自活可能か

+α 地域の方々と一緒に備える「連携力」も含まれます。

・チェックリストを見てみよう!

3つの観点からなる
「チェックリスト」を紹介していきます。

「イエスorノー」で
答える簡単なチェックリストです。

【免疫力】

日頃生活をしている家の中にも
健康を阻害したり、
思わぬ事故の原因が潜んでいます。

いつ起きてもおかしくない
災害に直面した際に
「健康な身体」でいることが大切です。

<チェックリスト(9問)>

夏、居間や寝室を涼しくできますか?
冬、トイレや浴室を温かくして使えますか?
日頃、運動したり体力維持に努めていますか?
気軽に相談できるかかりつけ医はいますか?
階段や段差で転ばないよう対策していますか?
夜、廊下や階段で足元を明るくしていますか?
防犯の備えはしっかりできていますか?
太陽光発電などの創エネや蓄電をしていますか?
家や設備の点検・メンテンスをしていますか?

【土壇場力】

災害発生時に被害を最小限にするためには
強い建物だけではなく、
普段からの「事前準備」が大切です。

<チェックリスト(18問)>

お住まいの耐震性能は基準を満たしていますか?
家具の転倒や食器の散乱を防ぐ備えはありますか?
燃焼器具とガス、電気の自動停止ができますか?
火災の延焼に関するリスクを把握していますか?
津波の来る可能性と波の高さを把握していますか?
津波から逃れる場所やルートを決めていますか?
洪水、土砂崩れの可能性を把握していますか?
洪水や土砂崩れに対して備えていますか?
地震時に敷地が液状化しやすいか把握していますか?
台風などの強風に対して備えていますか?
大雪に対して備えていますか?
火山による被害の可能性を把握していますか?
災害発生時に警報を受信する備えがありますか?
災害発生時の避難情報を理解していますか?
災害発生時に役立つ防災グッズを備えていますか?
通勤、通学先の災害リスクを把握していますか?
災害時に出先から帰宅する方法を検討していますか?
家族の安否確認方法や集合先を検討していますか?

【サバイバル力】

災害後、
ライフラインが遮断されても
数日間自宅で過ごすことができ、
二次災害を防ぐために
「危機管理体制」を整えておくことが大切です。

<チェックリスト(15問)>

災害・防災情報を入手する通信機器はありますか?
停電時でも使用可能な電源を備えていますか?
暖房がなくても数日間しのぐ備えはありますか?
断水時に数日間しのぐ飲み水を備えていますか?
断水時に数日間しのぐ生活用水を備えていますか?
災害後に数日間しのぐ食糧を備えていますか?
災害後に数日間しのぐトイレを備えていますか?
食糧備蓄場所や井戸の所在を把握していますか?
避難する際に持ち出すものを揃えていますか?
高齢者や乳幼児の避難について備えていますか?
避難生活時の緊急の移動手段を備えていますか?
地域の防災訓練や避難訓練等に参加していますか?
日頃からご近所とのお付き合いがありますか?
建物倒壊の危険判定ステッカーを知っていますか?
火災保険・地震保険に入っていますか?

 

 

より詳しい詳細は、ぜひこちらをご覧下さい。

チェックリストを見てみて、いかがでしたでしょうか。

全42問中いくつ「イエス」がありましたか?

「イエス」が多いほど、
あなたの家の「レジリエンス度」は高いです。

「ノー」ばかりだったあなたも安心して下さい。
「CASBEE」の目的は、現状に「気づき」を与えることだと言われています。

日々の住まいの「レジリエンス度」を高めるために、
日常の健康・災害リスクを知り、
事前に準備しておくことが大切です。

実際にどの対策がどれほど必要かは、
各ご家族によって異なります。

自分だけではなく、
「ご家族やご近所の方々」等とも一緒に考え、
取り組んでいけば
「しぶとく、強靭な、回復力のある」
マイホームになることでしょう。

「知っている」

「知らない」では
世界が変わります。

一生に一度の「家づくり」です。

視野を広げて学び、
多くのことを吸収していきましょう!

建築家 おすし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*