はじめの一歩

【比較対決】鉄骨住宅のあれこれ(メリット・構造・寿命等)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

建築家 おすし
建築家 おすし
 お疲れ様です!
「思いをデザインする。」にお越し頂き、有難うございます。
管理人の「建築家 おすし」と申します。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

 

「構造・工法」もたくさん・・・
「メリット・デメリット」って・・・
よくわからない・・・

 

この記事は、こんな人におすすめ!
・将来的に「マイホーム」の計画をしたい!
・「マイホーム」は欲しいけど何からすればいいかわからない・・・
・検討中だけどよくわからなくなってきた・・・

 

注文住宅の計画を始めると
インターネットで「資料請求」をしてみたり
様々な「ハウスメーカー・工務店・設計事務所」を回ったりしますよね?
※「注文住宅ってどこで建てるの?」に関しては、こちらをご覧ください!

そこで「構造・工法」「メリット・デメリット」
しっかりと学ぶことは出来ていますか?

営業マンから入る知識は、
「自社製品を良く一生懸命」に説明してくれることでしょう。
洗脳をしようと「他社のデメリット」を教えてくれることも・・・

インターネットで検索してみても
何が正解かわからない・・・
という方も多いのではないでしょうか。

 

「工法・構造」に対する考え方を
「業界の価値観」を用いて解説します。

 

はじめに一般的な「住宅の構造」の種類は、
「木造・鉄骨造・コンクリート造」の3種類です。

 

今回は、「鉄骨住宅」に関して、紹介していきます。
※「木造住宅のあれこれ」は、こちらをご覧ください!

「鉄骨住宅って地震に強そう!」
「でも寒そう・・・」
「コストも高そうだな・・・」

第一印象は、このような印象を持たれるのではないでしょうか?

 

世の中には、いろいろな「嘘と本当」が存在しています。

 

木造住宅 VS 鉄骨住宅 特徴まとめ

 

 

まず「鉄骨住宅」は、2種類あります。

「軽量鉄骨造」「重量鉄骨造」です。

鋼材の厚さが「6mm以上」ある場合、「重量鉄骨造」となります。
※「6mm未満」の場合、「軽量鉄骨造」となります。

一般的に分類をすると
構造マンション・ビル等に使用される⇒重量鉄骨造
戸建住宅・アパート・小規模テナント等に使用される⇒軽量鉄骨造


※ハウスメーカーの間では、「3・4階建て」では「重量鉄骨」が使わております。

 

本記事では、「鉄骨住宅=軽量鉄骨造」として紹介します。

 

 

・間取りの自由度:【鉄骨住宅】の勝ち ※柱・壁量の観点から

「鉄骨住宅」は、「木造住宅」と比較して「柱・壁の量」を減らすことが可能です。

「大空間のリビングが欲しいな~」
「南側一面を開口にして、明るいダイニングを作りたいな~」

といったご要望には、「鉄骨住宅」の勝ちとなります。

「鉄骨住宅」の場合は、
「木造住宅」に比べ鋼材自体の力で建物を支えることでき
「大きな空間」や「
建築可能な間取り」が増え、「部屋を広くすること」ができます。

 

・精度,強度のばらつき:【鉄骨住宅】の勝ち

 

「鉄骨住宅」の場合、
「部材」が工場でプレカットされ、「安定した品質」を維持することが出来ます。

それは、精密に加工された各部材を組み合わせていく中で、
不具合やズレ・狂いが生じにくいと言い換えることができます。



「工場生産の強み」を生かして
当初設計された寸法や角度・収まりが建築後も一定というメリットもあります。


「一生に一度の買い物」だからこそ
建築後の「品質や完成度」を優先的に考えられる方には相性が良いと言えます。

 

・耐久性:【鉄骨住宅】の勝ち

要は建物が長持ちするかしないか、という部分です。

「木造住宅」の外敵の多さから
「鉄骨住宅」の勝ちとしておりますが・・・

実は、「鉄骨住宅」も「シロアリ」の被害を受けるのです・・・

「鉄骨住宅」だから「シロアリ対策」が全くいらないというのは注意が必要です!

なぜなら住宅には多くの部材を要し、
骨組み以外にたくさん木材を使用しているケースがほとんどです。

木材以外であっても・・・
壁紙や石膏ボード、更には、「サビた鉄骨」を食べる「シロアリ」まで・・・

「鉄骨住宅」だからと言って、油断してはいけません!

 

・耐震性:引き分け ※3階建て以上は、やや【鉄骨住宅】の勝ち

 

「鉄骨住宅」は、「耐震性」が安心だと思われる方が多いと思います。

結論は、「絶対にこっちだという差はない」と言えます。

「鉄骨住宅」は、イメージの通り強いと考える方が多いと思いますが
「木造住宅」も日々進化をしています。

「木造住宅」でも
「制振ディバイス」や「免震ディバイス」が進化、
また「壁式工法」による「面で支える技術」が普及したことで
格段に「地震」に対しての安心が高まっています。

しかしどちらかというと・・・
3階建て以上の建物になるとより耐えられるのは
「鉄骨住宅」の可能性が高いと言えます。

どこまで「耐震性」を求めるかに応じて、
「安心基準」の基準を考えていきましょう。

「木造住宅」:木材を組み合わせ、分散させながら揺れに耐える
「鉄骨住宅」:素材が強固な鋼材であり、揺れを逃し耐える

 

・遮音性:引き分け ※場合により【木造住宅】の勝ち

まず「構造」によって「遮音性」に影響を与えることは多くありません。

影響を及ぼす項目を挙げると
「外壁・開口・断熱材の性能」が挙げられます。

強いて勝敗をつけるとすると・・・「木造住宅」です。

柱・壁の量が増え、建物全体の「気密性」が上がることで
「遮音性」に関しても良い影響が出るのではないでしょうか。

 

・コスト面:【木造住宅】の勝ち

世の中に建築会社は、様々存在し、
ハウスメーカー・工務店・設計事務所によって「コスト差」が存在します。

しかし、平均的には「木造住宅」の方がコストが低くなります。(一般的)
※「鉄骨住宅」は、比較的コストが高いのが「デメリット」になります。

よく聞く話にはなりますが、「最大のメリット」になる方も多いのでは?

 

・気密性・断熱性・吸湿性:【木造住宅】の勝ち

「木造住宅」は「鉄骨住宅」に比べて
壁量を増やす場合が多く、開口部が小さく、少なくなる傾向があります。

「鉄骨住宅」の「気密性・断熱性」に関しては、
「木造住宅」と比較するとかなり見劣りするデータが挙げられています。

※その他、「開口・断熱材の性能」に左右されます。

実際に「鋼材」の「熱伝導率」が「木材」よりも高く、
その「鋼材」が家全体を覆っているので
対策をしない限り「夏暑く・・・冬寒い・・・」は避けられません・・・

 

・耐火性:【木造住宅】の勝ち ※骨組みをして比較した場合

「耐火性」は、「鉄骨住宅」の方が上でしょう?

意外かもしれませんが・・・
「鉄骨住宅」の耐火性は、「木造住宅」より弱いと言えます。

※「外壁材・開口・換気口等」の影響を受けます。

あれれ・・・
「鉄骨住宅」は「火災保険」って安くなるって聞いたことありませんか?

たしかに「火災保険」が安くなる場合が多いです。

その理由は、
建物の主要部分が「燃えにくい素材」である。
⇒「耐火建築物」として保険会社に認められているからなんです。

「火災保険」が安いからと言って
「燃えにくい素材=耐火性が高い」とはならないのです。


「木造住宅の特徴をまとめた記事」の通り
「鉄骨住宅」:700度を超えるとぐにゃっと曲がる。
「木造住宅」:燃えると木材は炭化層をつくり、内部を守ってくれる。

よって、「木造住宅」の勝ちとなります。

 

結論しては・・・
「木造住宅」でも「鉄骨住宅」でもどちらでも良い!

 

一番大切なことは、
みなさんのマイホーム計画における「思い・優先順位」
マッチしている「構造タイプ」を選ぶことだと思います。

「木造住宅」のメリット・デメリットや
「鉄骨住宅」のメリット・デメリットは、大きく異なります。

どちらを選んでも「デメリット」は存在してしまいます。

正解はありませんので「どのようにしてデメリットと付き合っていくか」
考えたほうが素敵なマイホーム実現に近づくと思います。

本記事は、「木造住宅」の情報になりますが
「鉄骨住宅・コンクリート住宅」の記事も併せてご一読頂ければ幸いです。

建築家 おすし。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*