【比較対決】木造住宅のあれこれ(メリット・構造・寿命等)

 

本ブログにお越し頂き、有難うございます。
管理人の「おかのうえ@住宅営業」と申します。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

 

「構造・工法」もたくさん・・・
「メリット・デメリット」って・・・
よくわからない・・・

 

この記事は、こんな人におすすめ!
・将来的に「マイホーム」の計画をしたい!
・「マイホーム」は欲しいけど何からすればいいかわからない・・・
・検討中だけどよくわからなくなってきた・・・

 

注文住宅の計画を始めると
インターネットで「資料請求」をしてみたり
様々な「ハウスメーカー・工務店・設計事務所」を回ったりしますよね?
※「注文住宅ってどこで建てるの?」に関しては、こちらをご覧ください!

そこで「構造・工法」「メリット・デメリット」
しっかりと学ぶことは出来ていますか?

営業マンから入る知識は、
「自社製品を良く一生懸命」に説明してくれることでしょう。
洗脳をしようと「他社のデメリット」を教えてくれることも・・・

インターネットで検索してみても
何が正解かわからない・・・
という方も多いのではないでしょうか。

 

「工法・構造」に対する考え方を
「業界の価値観」を用いて解説します。

 

はじめに一般的な「住宅の構造」の種類は、
「木造・鉄骨造・コンクリート造」の3種類です。

今回は、「木造住宅」に関して、紹介していきます。

「木造住宅って木のぬくもりがあるよねー」
「耐震性は、いまいちかな・・・」
「火事にはあいたくないし・・・」

第一印象は、このような印象を持たれるのではないでしょうか?

世の中には、いろいろな「嘘と本当」が存在しています。

 

木造住宅 VS 鉄骨住宅 特徴まとめ

※鉄骨バージョンは、後日公開します。

 

・コスト面:【木造住宅】の勝ち

世の中に建築会社は、様々存在し、
ハウスメーカー・工務店・設計事務所によって「コスト差」が存在します。

しかし、平均的には「木造住宅」の方がコストが低くなります。(一般的)
※「鉄骨住宅」は、比較的コストが高いのが「デメリット」になります。

よく聞く話にはなりますが、「最大のメリット」になる方も多いのでは?

 

・気密性・断熱性・吸湿性:【木造住宅】の勝ち

「木造住宅」は「鉄骨住宅」に比べて
壁量を増やす場合が多く、開口部が小さく、少なくなる傾向があります。

一見デメリットに聞こえる内容ですが
それをメリットに変換しているとも言えます。

「木造住宅」で「壁式工法(2×4等)」を創造して頂ければ、
「気密性・断熱性」が高そうなイメージが出来るのではないでしょうか。

実際に「ハウスメーカー」の「気密性・断熱性」を比較したサイトでは、
「木造住宅」が上位を占めています。
※その他、「開口・断熱材の性能」に左右されます。

また木は、「吸水性・吸湿性」が高く
「四季のある日本に適している」と言われることも多いです。
※逆にデメリットになる場合もあります。

これらの性能の高さを実現できるのであれば
「住み心地・快適性」は「木造住宅」の大きなメリットです。

 

・耐火性:【木造住宅】の勝ち ※骨組みをして比較した場合

「耐火性」は、「鉄骨住宅」の方が上でしょう?
と思われる方が多いと思います。

実は、火災から身を守るのは「木造住宅」と言われています。

「木造住宅」は、火にさらされると・・・「炭化」します。
「炭化層」をつくることで中まで燃えにくくする性質があります。

「鉄骨住宅」は、長時間高熱にさらされると著しく強度が低下する性質があります。
ある一定の温度を超えると「ぐにゃっ」と曲がってしまいます。

この性質を考えると・・・
木は「燃える」が
燃え尽きる」までに時間がかかることがわかります。
※実際には、「外壁材・開口の性能」によって左右されます。

営業トークの中には、面白いものもあります。
消防士さんが火事の際に突入したくないのは・・・「鉄骨住宅」のようです。

 

耐震性:引き分け ※3階建て以上は、やや【鉄骨住宅】の勝ち

「木造住宅」は、「耐震性」が心配だと思われる方が多いと思います。

結論は、「絶対にこっちだという差はない」と言えます。

「鉄骨住宅」は、イメージの通り強いと考える方が多いと思いますが
「木造住宅」も日々進化をしています。

木造住宅でも「国が定めた耐震等級は最高等級3」を取得することができ、
「2×4工法」といった工法も普及し、耐震性にも優れた住宅が増加しています。

また3階以上の住宅に関しても
木材を繋ぎ合わせる金具も進化しどんどん普及しています。

実際に「部材」としてどちらが強いかと言われると
表現が難しいですが・・・「鉄骨」になります。

その理由は、鉄骨は「柱・壁が支えられる重さ」が大きいです。
言い換えると「同じ重さを支えるのに必要な柱・壁」が少なくてすみます。

ただ「部材」だけでは、「耐震性」を語ることは出来ませんので
「引き分け」としています。

 

・遮音性:引き分け ※場合により【木造住宅】の勝ち

まず「構造」によって「遮音性」に影響を与えることは多くありません。

影響を及ぼす項目を挙げると
「外壁・開口・断熱材の性能」が挙げられます。

強いて勝敗をつけるとすると・・・「木造住宅」です。

柱・壁の量が増え、建物全体の「気密性」が上がることで
「遮音性」に関しても良い影響が出るのではないでしょうか。

 

・間取りの自由度:【鉄骨住宅】の勝ち ※柱・壁量の観点から

「木造住宅」の方が「間取りの自由度が高い」とは言い切れません。
※狭小地には、重機等の関係で木造住宅」の方有利と言われます。

「木造住宅」は主に「軸組工法」・「2×4工法」があります。

<軸組工法>
「基礎・柱・梁」の構造で、一般的に自由に間取りをとれやすい。
<2×4工法>
「基礎・床・壁」の構造で、「軸組工法」と比べると自由度が落ちる。

2つの工法ですが「耐震等級3」を確保するために
「壁」を一定量確保しなくてはいけないという制約が出てきます。
※鉄骨住宅よりも壁を要する。

また建築会社が能力値を維持するため「開口サイズ」等でも制約を要します。

壁量の制約という点から「鉄骨住宅」の方が「自由度」が高いと言えます。

 

・耐久性:【鉄骨住宅】の勝ち

「木造住宅」は、外敵が多いです。

「木造住宅」の外敵として真っ先に創造できるのが「シロアリ」ではないでしょうか?

シロアリは、「多湿・悪換気・日陰」が大好きで「飛来・増殖」します。
中でも地面から「1m」周辺の被害が多発しています。

それは、家の重要な「基礎・土台」を位置しており、
根底から住宅を攻撃していく被害も多発しています。
※「腐朽菌」にも注意が必要。

そのため5~10年での継続的な対策
普段目の届かない箇所のチェックも抜かりなく行いましょう。

鉄骨には、「サビ」という外敵が存在しますが
「アフターメンテナンス」等を踏まえて
「耐久性」は、「鉄骨住宅」の勝ちとします。

 

・精度,強度のばらつき:【鉄骨住宅】の勝ち

例えば、同じ高級材の「木材」を使った「木造住宅」を建てるとします。

建築直後は、見た目も同じ!
「さすが高級住宅」となると思います。

しかし、年月が経つにつれて変化が出てきました。

建物が傾いている・・・木が成長した?変形した?
部材が腐っている・・・雨に打たれた?水を吸ってしまった?
色々なところの立て付けが悪い・・・職人さんはだれ?素人?

いくら同じ材料を使ったとしても
防ぐことが難しい項目が「木造住宅」の方が多く存在します・・・

もちろん「水分が含まれにくいもの・経年変化しづらいもの」
世の中には存在します。

そういった観点から「鉄骨住宅」の勝ちとします。

結論しては・・・
「木造住宅」でも「鉄骨住宅」でもどちらでも良い!

一番大切なことは、
みなさんのマイホーム計画における「思い・優先順位」
マッチしている「構造タイプ」を選ぶことだと思います。

「木造住宅」のメリット・デメリットや
「鉄骨住宅」のメリット・デメリットは、大きく異なります。

どちらを選んでも「デメリット」は存在してしまいます。

正解はありませんので「どのようにしてデメリットと付き合っていくか」
考えたほうが素敵なマイホーム実現に近づくと思います。

本記事は、「木造住宅」の情報になりますが
「鉄骨住宅・コンクリート住宅」の記事も併せてご一読頂ければ幸いです。

おかのうえ@住宅営業

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

おかのうえの住宅営業。
【オンライン住宅展示場】 大手ハウスメーカー勤務。 「はじめの一歩」を踏み間違えないようなお役立ち情報を発信中! 住宅・建築が大好きでもっと幸せな家づくりを世の中に広げたい。 家づくりは楽しいもの。「思い」をデザインしましょう!