はじめの一歩

【比較】注文住宅ってどこで建てるのが正解なの?(住宅メーカー・工務店)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建築家 おすし
建築家 おすし
 お疲れ様です!
「思いをデザインする。」にお越し頂き、有難うございます。
管理人の「建築家 おすし」と申します。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

 

「ハウスメーカー・工務店・設計事務所」
って世の中にたくさんあるし、
違いがわからない・・・

 

この記事は、こんな人におすすめ!
・将来的に「マイホーム」の計画をしたい!
・「マイホーム」は欲しいけど何からすればいいかわからない・・・
・検討中だけどよくわからなくなってきた・・・

 

 

「家づくりの流れ」は、理解できたけど・・・
※「失敗・後悔しない注文住宅検討の流れ」に関しては、こちらをご覧ください!

 

「ハウスメーカー・工務店・設計事務所」
ってたくさんありすぎて・・・
どこでどうやって建てればいいか、
わからないという方が多いと思います。

実際は、みんなどこで建築するの?
という疑問に「依頼先比較」を用いて解説します!

「依頼先」を理解すれば、
「どこで建築すればいいか」などの
「自分の考え方」がまとまる!

あなたに合った依頼先とは?
 

 

① 注文住宅の依頼先一覧

世の中には、
無数の「建築会社」が存在しています。
それらを大きく分けると
以下の3つに分類することが出来ます。

1 ハウスメーカー
2 工務店・地域ビルダー
3 設計事務所

※工務店とビルダーの違いは、主に「施工能力や対象地域の差」とされています。

 

この分類を理解することは、
理想の「注文住宅」
実現するためになくてはならない知識です。

しかし、
営業マンはたいてい教えてくれません・・・

なぜなら
「自社の商品が一番だと思い込み、
自社の商品を購入して欲しいから」
です・・・

自分が営業マンだったら
わざわざ違う畑を紹介して、
競合会社を増やしたりしませんよね?
※ここは営業マンのレベルを確認する一つの策とも言えます。

 

② 特徴まとめ

1:ハウスメーカー

 

テレビやCMや新聞・ラジオ・広告・住宅展示場で一番多く目にするのは
「ハウスメーカー」であり、
一番なじみ深いのではないでしょうか。

「家を建てるならハウスメーカー」
という方も少なくはないと思います。

そもそも「ハウスメーカー」は、
戦後の「住宅不足問題」を解決するために生まれました。

当時は、
建築現場で木材をカットし材料を作り
現場で組み立てを行っていたため
「施工能力」にも限界がありました。

そこで工場で部材を
大量生産する「プレハブ住宅」が誕生!

施工工数を見直すことで
住宅産業の「工業化」を果たし、
住宅の「安定供給」を担う役割として活躍しました。

現在では、
「ハウスメーカー」は、
日本全国に拠点・住宅展示場・モデルルームを置き、
年間販売棟数は「数千棟~1万棟」にのぼります。

また会社の思いにより
「木造、鉄骨、鉄筋コンクリート」等の商品を所有し、
自社研究所にて「時代の対応」を目的に開発・性能向上に努めています。
※「ハウスメーカーの市場シェア」に関しては、こちらをご覧ください!

 

<こんな人におすすめ>
・住環境の「トータルサポート」:長期保証・アフターメンテナンスの充実している。
・保証された「性能と品質」:日々の開発・研究により時代に対応した商品の安定供給している。
・「ブランド力」のある安定経営:長期的に会社が潰れない

【注意点!】
・「コスト面」の融通が利きにくい。
・間取りの「自由度」がそこまで高くない。

 

2:工務店・地域ビルダー

 

「地域密着・エリア限定」
経営をしている「工務店・地域ビルダー」

昔ながらで地元で有名な「工務店」や
大きな土地を仕入れて建築する「ビルダー」も
町を歩いていると耳にするのではないでしょうか。

 

<こんな人におすすめ>
・「コスト」の安さ:経営コストを抑え経営している。
・「オーダーメイド」:間取・外観・内装にこだわることが出来る。
・「地域密着,エリア限定」:地域のことに詳しく信頼することが出来る。
・月々の支払を抑えたい:賃貸家賃と同額程度でも計画可能。

【注意点!】
・「住性能,品質,快適環境」が心配。
・「アフターメンテナンス,保証」が不安。
・建築以外のことは「消極的」なところが多い。

 

実は私の実家は、
「工務店」の建てた「建売住宅」です。

築10年目を迎え、
「外壁の汚れや設備不良」が目立ってきました・・・

しかし、相談できる工務店さんはもうありません・・・

3,4年前に倒産してしまい、
相談をするときはインターネットで
業者さんを調べて手配しています・・・

 

3:設計事務所

 

テレビ等で有名建築家が手掛けた家を
紹介する番組を見たことがある人も少なくはないのでは?

「こだわりの強い人向き」
「奇抜なデザインが多そう」
「すごい高いんじゃない?」

と思われる方も多いと思います。

設計事務所は、
ハウスメーカーと「真逆の家づくり」を目指しると表現できます。
「卓越したデザインと表現力」が魅力です。

あくまで「商品」という概念を持たず
施主の「思い・要望」を形に変える
「真のオーダーメイド住宅」です。

「大開口で明るいリビングが欲しい」
「高級感のあるキッチンを演出したい」
といった「自由な要望」を叶えることが可能です。

大会社ではないからこそそ融通が利き、細かい要望にも応えてくれます。

一方で、
家づくりに「こだわり」が大きく、
施主の要望と噛み合わなく
上手くいかないといったケースもあります。

設計事務所に依頼をする際は、
「ハウスメーカー」以上に
「こだわりや思い」をしっかり確認する必要があります。

<こんな人におすすめ>
・「完全オーダーメイド」を希望:要望対応力や敷地対応力が抜群です
・他にない「デザイン力」:商品にとらわれないデザインが可能です。
・コストも「比較的リーズナブル」:設計費はかかります。

【注意点!】
・「住性能,品質,快適環境」が心配。
・「アフターメンテナンス,保証」が不安。
・「こだわりとこだわり」が対立することもあります。

 

洋服と同じで「おしゃれは我慢」というところがあります・・・

 

③ あなたはどのタイプ?

 

やはりどの「依頼先」
一番ということを決めることは出来ません。

依頼先によって
「メリット・デメリット・特徴」があり
自分たちの「マイホーム計画」の
「思い・優先順位」にマッチしているかを確認することで
「依頼先のミスマッチ」を防ぐことが出来ると思います。

長い目での安心を重視したいから「ハウスメーカー」

価格と間取のコストパフォーマンスを重視したいから「工務店」

周りが驚くようなデザイン住宅にしたいから「設計事務所」

逆に

金額が高すぎで「ハウスメーカー」は違う!

倒産するような会社は怖いから「工務店」は違う!

シンプルで安心できる家がいいから「設計事務所」は違う!

という意見がご家族によって出てくると思います。

どの建築会社業態に頼むか、
建築会社に頼むか・・・

様々な会社の特徴を比較検討し、家族会議を開く。

家族にとって大切なことは、
金額・安心・品質・性能・快適さ・設計自由度・・・

「思い・優先順位」を考えて、
後悔のない「注文住宅」を築きましょう!

建築家 おすし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*