【業界】注文住宅ってどこで建てれば正解なの?(シェアから見る現状と将来)

本ブログにお越し頂き、有難うございます。
管理人の「おかのうえ@住宅営業」と申します。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

「住宅メーカー・工務店」って
世の中にたくさんありすぎて
なにが正解なのかわからない・・・

 

この記事は、こんな人におすすめ!
・将来的に「マイホーム」の計画をしたい!
・「マイホーム」は欲しいけど何からすればいいかわからない・・・
・検討中だけどよくわからなくなってきた・・・

 

「家づくりの流れ」は、理解できたけど・・・
※「失敗・後悔しない注文住宅検討の流れ」に関しては、こちらをご覧ください!

「住宅メーカー・工務店」
ってたくさんありすぎて・・・
どこでどうやって建てればいいか、
わからないという方が多いと思います。

実際は、みんなどこで建築するの?
という疑問に「住宅業界の現状」を用いて解説します!

「住宅業界」を理解すれば、
「どこで建築すればいいか」などの
「自分の考え方」が整理できる!

 

「住宅業界」とは?

 

住宅メーカーの占める戸建棟数のシェア シェア「約25%」

テレビやCMや新聞・ラジオ・広告・住宅展示場で
一番多く目にするのは「住宅メーカー」であり、
一番なじみ深いのではないでしょうか。

「家を建てるなら住宅メーカー」
という方も少なくはないと思います。

 

<大手住宅メーカー(一例)>

・積水ハウス・一条工務店・セキスイハイム
・へーベルハウス・タマホーム・大和ハウス
・住友林業・ミサワホーム・パナソニックホームズ等
※住宅産業研究所の戸建着工棟数 参照

 

どこも耳にしたことがある
企業さんばかりですね!

知名度が高いから
「住宅メーカー」の一強・圧倒的と思いますよね?

実は、
戸建住宅のシェアの中で
「住宅メーカー」の占める割合は、一部なんです・・・

 

では、「市場シェア」はどうなっているのでしょうか。

ハウスメーカー:工務店・ビルダー = 26 :74
※住宅産業研究所の調査 参照

 

さらに
「年間施工棟数からみた会社の数」を見ると

「住宅メーカー」のように
年間100~1,000棟を手掛ける企業は市場の「2%」であり、
年間9棟までしか建てない企業が「約80%」です。

日本の住宅は、
「中小企業・工務店」に支えられている現実があります。

このように「住宅産業構造」は、
非常に珍しいことがわかります。

<携帯電話キャリア>

NTTドコモ 44%  KDDI(au) 32%  ソフトバンク 23%
※2019年12月末実施 携帯キャリアシェア 参照

3社による「独占市場」であることがわかります。

 

携帯電話も高いもので
10万円以上するものもありますが
「3社」で比較をするのであれば
比較的苦にならないですよね?

その反面、
人生最大の買い物である「家」
無数の「住宅会社」が存在し、
選択肢が多すぎることで
判断を迷わせてしまう
という産業構造が存在します。

以上の背景を知っていると
「一番優れた住宅メーカー」を探すのではなく、
「自分のコンセプト・優先順位にあった住宅メーカー」
を選択するのが素敵な家づくりの
第一歩になると思います。

 

日本の戸建住宅の寿命 日本の家の寿命は「約30年」!?

皆さんは、
新築したマイホームに何年住み続けたいと思いますか?

10~15年くらい住めればいいかな~
20~30年は、住めないとな~
40~50年は、住み続けたい!

いろいろな意見があると思います。

それでは、「建物本体の寿命」を見ていきます。

<先進5カ国の住宅寿命年数>

イギリス 141年  アメリカ 103年  フランス 86
ドイツ  49年  日本   27

 

衝撃の結果です・・・
日本の「住宅寿命」は、
群を抜いて低く遅れています・・・

ものづくり大国の日本が
家づくりでは圧倒的に差をつけられている・・・

今では当たり前となった
「30年・35年ローン」を組んで建築したとしても
支払いが終わったころには
「また建替え」が待っています・・・

「建替え」まではいかないにしろ
「大規模修繕・リフォーム」は逃れられないでしょう・・・

これは「嘘」ではなく、「本当」の話なのです・・・

 

 日本人の平均寿命 人生100年時代

日本の家の寿命は短いけれど
ぐんぐん伸びているものが「平均寿命」です!

<日本の平均寿命>
・直近の
約60年間で男性は約16、女性は17伸びている。
※女性の方が「寿命・伸び率」ともに大きい。

・2060年には男性は84.19に、女性は90.93になる。
※内閣府公表の高齢社会白書「平均寿命の将来推計」

・第1回目実施調査(明治2431年)
平均寿命は男性は42.8女性は44.3だった。
※平成 30 年簡易生命表の概況厚生労働省

 

日本の現状は、
家の寿命は短く、人は長生きする・・・

この背景には、
「住宅の普及」という問題が大きく関わっており
「質より量」に特化した当時の政策の弊害とも言えるでしょう。

そのために「住宅メーカー」がこぞって
「量から質」という「住宅の普及」を目指しております。

ご家族と一緒に「何年住み続けたいか」という思いを
確認してみるのも良いのかもしれません。

おかのうえ@住宅営業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

おかのうえの住宅営業。
【オンライン住宅展示場】 大手ハウスメーカー勤務。 「はじめの一歩」を踏み間違えないようなお役立ち情報を発信中! 住宅・建築が大好きでもっと幸せな家づくりを世の中に広げたい。 家づくりは楽しいもの。「思い」をデザインしましょう!