トレンド

【思い】家を建てる意味は?後悔なんてしない考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建築家 おすし
建築家 おすし
 お疲れ様です!
「思いをデザインする。」にお越し頂き、有難うございます。
管理人の「建築家 おすし」と申します。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

家ってなんで建てるの?
別に建てなくてもいいよね?
結局どうやって決めるの?

この記事は、こんな人におすすめ!

・別に賃貸住宅で住みたいところに住めばいいじゃん!と思っている方
・家を買わないデメリットってなにがある?と思っている方
・持ち家って結局は、意味あるの?と思っている方

 

一般的に「マイホーム」は、
「幸せの象徴」だったり、
「憧れの存在」という印象が
強いと思います。

しかし中には、
別に賃貸暮らしの方がいいという方や
住まいにお金を使いたくないという方
も多いと思います。

「家を買う・買わない」を悩まれている方も
多いのではないでしょうか。

本記事では、ざっくりと
買うメリット・デメリット
買わないメリット・デメリット
を紹介してきます。

多くは語りません。
自分に問いかけたり
思い直したりする機会に
なれば幸いです。

メリット・デメリットを知り、
自分の思いを確かめよう!

見どころ一覧

私が普段お会いするお客様は、
いろいろなタイミングで検討されています。

・お子様が生まれた
・お子様が成長された
・家賃を支払うことが嫌になった
・土地を相続した
・なんとなく家を建てたくなった
・金利が安いから
・家が住めなくなってしまった等

しかし、私の友人の中には

・賃貸の方が安いし、移動しやすい
・転勤族だから定住地をつくりたくない
・借金を背負いたくない
・そんなお金ない等

という人も多くいます。

家を建てるのが正解!
ということはありません。

人それぞれ性格や人格があるように、
人によって「住まい」にも
いろいろな「正解」があります。

「マイホーム計画」に悩まれている方も多いと思います。
※そんな方は、こちらも合わせてご覧下さい。

家を買うにしても、
家を買わないにしても、
「メリット・デメリット」について
理解した上で行動していきましょう。

ちなみに「建築家 おすし」は、
いろいろなご縁があれば家を建てたい
と思っています。

その際は、もちろん自分の会社で建築します!

では、「メリット・デメリット」
を見ていきましょう。

・家を建てることのメリット・デメリット

メリット

・昔からのを叶えることができる。
・思い通りの家に住むことができる。
・家族の思いを常に感じることができる。
・戸建て住宅のステータスを感じる。
・地震や災害に対して安心できる。
・他者を気にしなくてもよい。
・税制優遇を受けることができる。
・団体生命保険を組むことができる。
・不動産が資産になる。
・ついの住み家とすることができる。
・家族の拠り所になる。(ふるさと・実家)

デメリット

・人生をかける覚悟が必要。
住宅ローンを背負う。
・フレキシブルに対応することができない。
・環境を変えることができない。
・引っ越しがしづらい。
・資産価値は年々下がる。
・メンテナンス費がかかる。
・税金の負担が増える。

・家を建てないことのメリット・デメリット

メリット

・環境の変化に対応しやすい。
・多様化するライフスタイルにも対応できる。
・住宅ローンを気にしないで良い。
・人生の決断をしなくてよい。
・今後の出費をコントロールしやすくなる。
・最新設備の賃貸に住むこともできる。

デメリット

・ふるさとがなくなる。
・自分の資産にはならない。
・部屋等を好きにアレンジできない。
・更新費や共益費、管理費をとられる。
・比較すると社会的信用を得づらい。
・老後も引き続き住居費がかかる。
高齢者になると賃貸も借りづらくなる。

正直、いろいろな面から考えると
「どちらともとれる」場合が多く
決断をするのが難しいと思います。

この判断は、
生まれてきた環境であったり、
今の環境であったり、
それぞれの「家族の思い」で異なります。

「家を買う、買わない」は
常に隣り合わせにおり、
中には家なんか建てなきゃよかった
という人もいらっしゃいます。

ましてや一生に一度のイベントですから
強い「決断力」が必要になります。

建築家おすし。は、
「どっちも正解」と思っています。

決断されたことを否定する権利は、
誰にもないですし、
自分の「思い・優先順位」に従って
決断ができたのであれば、
それは正解です。

決断した自分を褒めてあげるべきだと思います。

最後に挙げる「判断の軸」は、
心を幸せで満たすことができる「思い・優先順位」だと思います。

どちらが幸せか。

どちらが思いが強いか。

どちらが優先順位が高いか。

他人にはわからない、自分事です。

世の中には、
「持ち家VS賃貸」の論争が溢れかえっています。

損得も大切かもしれませんが、
最後に決めるのは「自分」です。

「他人」は「他人」。
立場も環境も考え方も違います。

一生に一回なのだからこそ
「ときめく決断」ができるといいですね。

また「決断」をされた方は、
「なんでそう決断したか」を
いつまでも忘れないでください。

そして、どこかのタイミングで思い出して下さい。

物事は、常にいろんな見え方があります。

「初心」ではないかもしれませんが
自分の「思い」を大切にしてください。

いつまでも幸せが続きますように。

建築家 おすし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*