【学ぶ】熊本地震から学ぶ考え方(地震大国日本)

本ブログにお越し頂き、有難うございます。
管理人の「おかのうえ@住宅営業」と申します。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

地震が怖いから頑丈な家が欲しい!
でもどこもうちは「地震に強い」って
誰を信じたらいいかわからない・・・

この記事は、こんな人におすすめ!

・地震に強い「マイホーム」を計画したい!
・地震対策がまったくわからない・・・
・どこのメーカーも「地震に強い」しか言わない・・・

 

地震対策の3つの構造は、
理解出来たけど絶対に壊れない家なんて存在するの?
※「3つの地震対策」に関しては、こちらをご覧下さい。

本記事では、
珍しい地震と言われている「熊本地震」を取り上げ
大切な考え方を解説していきます。

 

「熊本地震」から学び、
安心できる「マイホーム」を築きましょう!

 

見どころ一覧

 

・なぜ「地震大国」と呼ばれるのか。

 

最近も「緊急地震速報」の嫌な音が街中に響いていました。

なぜ日本は「地震大国」と呼ばれているのでしょうか。

「防災白書」の発表によると
世界中で起きた「マグニチュード6以上」の地震のうち
「約20%」が日本周辺で発生しています。

世界で大地震が5回起こると、1回は日本で起きているということ・・・
世界中には「196か国」も国が存在しているのに・・・

地球の表面は、「十数枚のプレート」で覆われており
日本周辺には「4つのプレート」存在しています・・・

プレートは様々な方向に向かって、
プレートとプレートとの間に圧力が常に働き
境界部が壊れることで「地震」が発生します。

これが世界有数の「地震大国」の理由です。

「地震」とは切っても切れない関係にあります・・・

 

・「熊本地震」はどんな地震?

 

4年前、記憶に新しい「熊本地震」。

「今までにない・想定外・珍しい」言われる地震です。

「熊本地震」で話題となったのが建物の「耐震基準」の存在です。

 

<熊本地震の概要>

「前震」2016年4月14日 21時26分 震度7(マグニチュード6.5)
「本震」2016年4月16日  1時25分 震度7(マグニチュード7.3)

※地震発生から3ヶ月後までに、「震度1以上」の地震が「合計1888回」
 震度7:2回 震度6強:2回 震度6弱:3回 震度5強:4回 震度5弱:8回
(出典:内閣府防災情報)

<熊本県益城町中心部の調査>

耐震基準」の木造建物:702棟のうち225棟が倒壊
耐震基準」の建物  :1,042棟のうち99棟が倒壊

※第2回 熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会議事より
※大手住宅メーカーの建物も数棟、倒壊しております。

 

 

上のデータからわかることは、「2つ」です。

① 震度7を超える大地震が2回発生 ⇒ 新耐震基準の定義が通用しない。

当初14日の地震が「本震」であり、「余震」に気を付けましょう!

14日に発生した地震を正式に「熊本地震」と名付けます!
と発表された約2日後・・・

14日の地震を超える「余震」が発生しました。

前代未聞の出来事でした。
「本震」だと発表してからより大きな「余震」・・・

日本は、後日14日が「前震」、16日が「本震」であり
16日を「熊本地震」と名付けなおしたのです。

過去まで「震度7以上」の地震が「2回」くることがなかったことから
「今までにない・想定外・珍しい」地震と言われるようになりました。

ここで問題となったのが「耐震基準」の定義です。

皆さんご存じでしょうか?
現在の日本の「新耐震基準」は、
「1回の大地震に耐えれらること」を前提にしています。

極論、「1回耐えているから法律としての問題ないですよ!」
ということなんです。

「1回目」の大地震は、耐えられたものの・・・建物性能が落ち・・・

震度7の地震に耐えた!
と街中でインタビューを受けていた方の家も
「2回目」の大地震で、家屋が倒壊している報道もございました。

この事例からもわかるように
日本の「建築基準法」のレベルは高くないです。

これには「産業構造」も絡む複雑な問題でもあります。

そのため今後発生するであろう地震には
法律の基準は「役に立たない可能性」が大いにあります。

基準を満たしているから「問題ない!」という考え方ではなく、
「本当に安心できる家づくり」を目指していきましょう。

② 「新耐震基準」の建物の崩壊 ⇒ 耐震基準の見直しが必要。

旧耐震基準と新耐震基準の建物の倒壊を比較すると
さすがに「新耐震基準」の建物が強かったということが出来ます。

しかし、「新耐震基準」の建物の「約9.5%」が倒壊しています。

「新耐震基準」の建物なら大丈夫だという前提が通用しなくなってしまいました。

大地震が発生する度に「耐震基準」の
見直しがされるが今後どうなることか・・・

<過去の見直し>

1981年 「耐震基準」の大幅な見直し
2000年 「木造耐震基準」の見直し(1995年阪神淡路大震災)

 

・なぜ新耐震基準の建物が倒壊したか。

研究者の方々も「2000年以降の新耐震基準」
建築された建物が倒壊し、驚きを隠せなかったそうです。

倒壊の理由となった主な原因が・・・

・「筋交い,補強材」の接合が不十分
・「接合部の破損」
・コーナー部分の強度不足

 

新耐震基準の倒壊建物「70棟」を調査し
「51棟(72.9%)」「接合仕様」が不十分だったそうです。

これは、「人の手による作業」が原因となっています。

「少子高齢化」で「職人さん」が不足している
日本の現状を映しているのかもしれません・・・

もちろん職人さんだけが悪いというわけではなく、
職人さんでも間違えてしまうほど
建築部材は「数量・種類」が多いので難しいとされています。

・安心できる考え方とは?

「口先だけの営業マンを丸々信用しない。

最高等級3を取得できますから地震には安心ですね!」
「大手住宅メーカーで制震材を採用しているので大丈夫です!」
といった言葉を丸々信じてはいけません。

「実際の施工現場や職人を自分の目で見る。

最後は自分の目で見て、確かめましょう。
自分の目で見て決断することで「満足度」も高まり、
後悔しないマイホーム建築には重要項目です!

 

これからも「大地震」をきっかけに「現行の耐震基準」が見直しされ、
将来的により安全な建物が増えることだろうと思います。

しかし、既に建築された建物の「耐震補強」等も率先して行っていかなければ、
また多くの被害を出してしまうことでしょう。

何が起こるかわからない「自然災害」です。

先入観を一度取り除いて、自分の家は大丈夫か?
調査してみることをおすすめします。

本当の「安全・安心」とはなにか。
ご家族でお話される場面を設けてみてはいかがでしょうか。

おかのうえ@住宅営業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です