はじめの一歩

【おすすめ】営業マンが伝授!失敗・後悔しない注文住宅検討の流れを教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建築家 おすし
建築家 おすし
 お疲れ様です!
「思いをデザインする。」にお越し頂き、有難うございます。
管理人の「建築家 おすし」と申します。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

 

最初は、みんなわかりません!
「失敗しない家づくりのロードマップ」
をご紹介します。

 

この記事は、こんな人におすすめ!
・将来的に「マイホーム」の計画をしたい!
・「マイホーム」は欲しいけど何からすればいいかわからない・・・
・検討中だけどよくわからなくなってきた・・・

 

幸せな夢の象徴と
言われる「マイホーム建築」は、

「一生で最も高額であり、一生に一回の買い物」
と言われています。

後悔のない家づくりは、
「3回しないと成功しない」とも言われ・・・

当然ハードルが高く感じてしまい、
全員が「不安・悩み・疑問」を抱き・・・


「住宅ノイローゼ」
なんで言葉も存在しています。
※「住宅ノイローゼ」に関しては、こちらをご覧下さい!

だからこそ、
多くのお客様を見届けてきた
「住宅コンシェルジュ」として
情報を発信していきます!

まずは何事も「基本・軸」が大切です。


「後悔しない・損しない・大満足なマイホーム」
を築きましょう!

家づくりは、「3ステップ」で決まります!
順番を意識して進めることが「成功の秘訣」!

 

基本の3ステップ

 

【STEP1:情報収集する 方向性が決まる!? 重要ポイント!?】

 

インターネットの発展で
すぐにいろいろな情報に
アクセスできるようになりました。

闇雲に行動して、
衝動的な行動に出ないように
「事前学習」をしましょう。

注文住宅は、
「形のないもの」を購入することになります。

「形がないもの」だから余計に難しく感じます。

洋服であれば
「Zozotown等」で検索をして
「ブランド・素材・色・価格」
を比較して
購入に移りますよね?

同様に考えてください!

 

 ポイント 

① 最低限の「勉強」をする。
② ご家族での「コンセプト・優先順位」を決めておく。
③  印象の良い住宅メーカーを「ピックアップ」する。

 

<具体的な手順>

手順① 「各社ホームページ」を確認をする。(全体把握)
手順② 「比較サイト等」で価格帯の把握をする。(金額把握)
手順③ 検討してみたい「住宅メーカー」のカタログ請求をする。(絞込み)

具体的行動:カタログの資料請求・各社ホームページ閲覧・比較サイト閲覧

 

【STEP2:行動する 短期集中!? 一番の頑張りどころ!?】

 

 

「事前学習」の後は、
実際に「行動」に動きます!

「忙しくて時間が作れない・・・」
「腰が重くて行動できない・・・」

「家づくり」はかなりの労力を使います。

「住宅メーカー選定」までに
毎週2時間の打合せを
「1~2か月」続ける方々が多いです。

「建築家おすし」のおすすめは、
「短期集中」です。


「えっそんな短い期間で住宅メーカーを決めないといけないの?」と
思われる方もいらっしゃると思います。

今まで多くのお客様を見てきましたが
「短いから悪い、長ければ良い」というものではありません。

短い方は「1週間」で決められ、
大満足される方もいれば、
長い方で「1年間」迷いに迷われて、
計画を辞められる方もいらっしゃいます。

※私の場合は、「3週間~2か月」でご検討される方が多いです。

 

 ポイント 

① 「コンセプト・優先順位」を常に確認する。
② 営業マンの「対応力・実力・思い」を見極める。
③  わからにことは、「確認」する。
④ 「勢い・情」に流されない。
⑤ 人との「ご縁」も考慮する。

 

<具体的な手順>

手順① ピックアップした「住宅メーカー」の展示場見学をする。
手順② ご家族で「コンセプト・優先順位」を元に家族会議をする。
手順③ 「設計図・概算見積書」の依頼をする。(2~3社程度)
手順④ 更に家族会議をし、方向性の確認をする。
手順⑤ 各種見学会に参加する。(現場・入居・工場)
手順⑥ 見積書に含まれる仕様を細かく確認する
手順⑦ メーカー選定の契約を行う。

具体的行動:展示場見学・家族会議・打合せスタート・メーカー選定

 

 

【STEP3:理想を実現する 思いをデザインする!?】

ここからより
詳細な打合せが始まります。

自分の「やりたい・思い」を
デザインして「形」にしていきます。

「設計士さん・インテリアコーディネーター・エクステリアコーディネーター」
打合せに参加し、チームを組んで
「理想のマイホーム」の実現を目指していきます。

 ポイント 

① 「期限」を明確化する。いつまでに何を決めればよいか。
② 「設計図」を固めてから「内装・外構」の打合せに移行する。
③ 「仕様」が変更したら随時「金額の変更」を確認する。

 

<具体的な手順>

手順① 「詳細設計図」の打合せを行う。
手順② 「内装・外構」の打合せを行う。
手順③ 「金額の変更」を確認する。
手順④ 全ての仕様が決まり「最終発注契約」を行う。

具体的行動:詳細の打合せスタート(設計図・内装・外構等)・最終発注契約

 

以上が家づくりの一連の流れになります。

家づくりの正解は一つではなく
様々な思いによって正解が異なります。

いろいろな思いをデザインして
素敵なマイホーム計画になることを願っております。

建築家 おすし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*