設備・開口・便利グッズ類

【おすすめ】口コミで話題の家事楽設備(乾太くん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建築家 おすし
建築家 おすし
 お疲れ様です!
「思いをデザインする。」にお越し頂き、有難うございます。
管理人の「建築家 おすし」です。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

この時期、洗濯物が乾かない・・・
乾いても生乾きの臭いが心配・・・

この記事は、こんな人におすすめ!

・洗濯物はしっかり乾かしたい方
・家事楽方法を探求している方
・時間の投資をしたい方

 


※出典 リンナイHP https://rinnai.jp/lp/kanta/

日本には、四季があります。

そうです。
皆さんが嫌いな「梅雨」が毎年きます。

家の中がじめじめしたり・・・
タオルが生乾き臭かったり・・・

良い気持ちはしないですよね。

今回は、
全ご家族におすすめしている
ガス乾燥機「乾太くん」を紹介していきます。

「乾太くん」を採用して、
暮らしをより豊かにしよう!

見どころ一覧

紹介していく前に質問です。

皆さんは、
洗濯物は「外干し派」ですか?
「室内干し派」ですか?

私は「室内干し派」です。

なぜこの質問をしたかというと・・・

最近「バルコニー」
設けない設計が非常に増えてます。

バルコニーは、
当たり前に設けるものだと
思われていた方も多いと思いますが、
必要ないという方が増えています。

その陰で活躍しているのが・・・
そう!「乾太くん」です。

外に干さず「ガス乾燥機」で乾かしてしまう。

するとバルコニーの必要がなくなります。

こんな悩みを抱えている方は、特におすすめです。

・共働きで忙しく時間を無駄にしたくない方
・お子さんが小さく、洗濯物が大変な方
・花粉症やアレルギー物質が気になっている方
・大通りが近く排気ガスが心配な方

多くの方がこの悩みに
該当するのではないでしょうか。

頑張って「室内干し」をしている方の
救世主がガス乾燥機「乾太くん」です。

・そもそも乾太くんとは?

リンナイ株式会社さんが
販売している「ガス乾燥機」です。

一般的な乾燥機は、
洗濯機と一体型で電気式のものが多いですが
「乾太くん」はガス乾燥機です!

流行りのコインランドリーと同じ
ガス乾燥機ですね!

・乾太くんのメリットとは?

・圧倒的な時間の短縮

朝干して「5~6時間」経ったのに
しっかり乾いてないことってありますよね?

ガス乾燥機の「乾太くん」は、
「8kg」の洗濯物を「約80分」、
「5kg」の洗濯物を「約52分」で乾燥してくれます。

およそ「1kg」あたり「約10分」です!

電気式乾燥機と比較をしても
「約1/3」の時間で乾燥してくれます。

これすごくないですか?

仮に洗濯物を干す作業を「1日10分」とすると
1年間で3650分(約60.8時間)、
30年間で1825時間(約76日)の時間
短縮することが出来ます。

「乾太くん」を使っているかいないかで
30年後までに
「約2か月半」の差が生まれるんです・・・

2か月半あれば、
老後に海外旅行に行くことも出来ますね!

これを「投資」だと思って
採用される方も意外と多いんですよ?

・意外と経済的

時間の短縮ができたり、
意外とランニングコストがかかるんじゃないの?
と思われる方が多いと思います。

実は、
経済的としても有名なんです!

1回の乾燥コストが
「5kg」で「63円」
1カ月毎日使うと「約1900円」、
1年間毎日使うと「約23000円」です。

「約60.8時間」の空き時間を
「約23000円」で買うということです。

高いな~と思う方も
安いな~と思う方も
いらっしゃると思います。

仮に
この空き時間を「アルバイト」に充てたとします。

「時給1000円」とすると・・・
「約60000円」になります。

むしろプラスになってしまいます!

別に「アルバイト」をしなくても、
2時間の映画を30本多く見ることができたり
趣味の時間に充てたり、
副業の時間に充てることだってできます。

「Time is Money」という言葉がありますが、
あなたはどう思いますか?

・1年中「1軍」の大活躍

「乾太くん」であれば、
「外干し」は不要です。

「雨の日」はもちろんですが、
「花粉」の舞う季節でも
気にせずにお洗濯を行うことができます。

また「80℃以上」の温風を利用するため、
「外干し」や「日光消毒」で
除去できない臭いも取り除いてくれるので、
「生乾き臭」の心配もありません。

衣類が臭うと
「ファブリーズ」をかけたりしていませんか?

その手間と費用を浮かすことができます。

・洗濯の時間の概念を覆す

「雨の日」だけではなく、
「夜」でも洗濯物を乾かすことができます。

「その日の汚れは、その日のうちに」とも言いますが
仕事から帰ってきた後でも
「洗濯・乾燥」が出来ちゃうんです!

・快適な仕上がりに驚く

大容量ドラムを採用しているので
ガス式特有の「強い温風」で
しっかり乾燥させてくれます。

その効果は、
繊維が根元から立ち上がったり、
シワを伸ばしてくれたりと
「ストレスフリー」の乾き心地です。

快適に仕上がります。

・除菌効果とアレルギー物質対策

天日干しと同等の
「除菌効果」を発揮してくれるため
繊細な「赤ちゃん」のお洋服の
乾燥もしっかり対応してくれます。

なお「外干し」も不要のため、
花粉やアレルギー物質の心配とは、
無縁の生活を送ることができます。

また「ドラム除菌運転」
ドラム内を除菌してくれるので、
いつでも安心して使用することができます。

・乾太くんのデメリットとは?

・おしゃれ着類の乾燥は、避けたほうがいい

繊細な素材を使用した洋服類は、
乾燥を避けたほうが
ベターかもしれません。

せっかくのおしゃれ着
縮んでしまったら悲しいですよね・・・

そもそもおしゃれ着の多くは、
手洗いなので乾燥機にかけるという
発想もないかもしれません。

・デザインとスケール

無機質なデザインを好む方には、
向いていないかもしれません。

プライベート空間だし
「おしゃれ」より「実用性」
という方には、おすすめです。

またスケール感が大きいです。

そのため立体的に
圧迫感が出てしまうかもしれません。

洗濯機後ろに開口を
とれないケースも出てきます。

洗面脱衣所のバランスを見て、
採用のご検討されると良いでしょう。

・音と振動

パワフルな風を送り込むことで
やはり「音と振動」は発生します。

気になる方には、
気になってしまうかもしれません。

また新築での採用は、
問題ありませんが
アパート・マンションでの採用となると
近隣の方への配慮が
必要になるケースもあります。

・お手入れが必要

フィルターに溜まった
糸くずやほこりを取り除いてあげたり、
紙フィルターを採用したりと
お手入れが必要になります。

これは洗濯機を想像して頂ければ
わかりやすいかと思います。

・新築するときの注意点とは?

・排湿口,壁補強,コンセントの設計

基本中の基本ですが、
忘れやすいのが
「コンセント」の設計です。

あれ「コンセント」がない・・・

コードびろーんということが
たまにあると聞いたことがあります。

また将来的に付けたいかも!?
という場合は、
新築段階で事前準備をしておきましょう。

外壁に穴をあけるとなると
大きな工事になってしまいますからね!
※エアコンも同様です。

・空間設計

やはり「乾太くん」は、
立体的に空間を支配しようとします。

マイホームにおける
「洗面脱衣所」の大きさを
しっかりと把握したうえで
採用の検討をしましょう。

下手をすると
「乾燥作業場」みたいな
雰囲気になってしまいます。

魅力的な面が多いガス乾燥機「乾太くん」は
いかがでしたでしょうか。

家事の負担を少しでも減らしたい方等には、
非常におすすめです!

しかし、
一番はご家族の「思い・優先順位」にあった選択です。

皆様の素敵なマイホーム計画が
成功・成就することを願っております。

建築家 おすし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*