エクステリア

【おすすめ】人気のシンボルツリーの薦め!(外構計画)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建築家 おすし
建築家 おすし
 お疲れ様です!
「思いをデザインする。」にお越し頂き、有難うございます。
管理人の「建築家 おすし」です。

※管理人のプロフィールは、こちらから!

緑を感じられる素敵な家にしたいな~
一工夫でおしゃれになる方法ないかな~

この記事は、こんな人におすすめ!

・エクステリアをどうするか迷われている方
・おしゃれな一工夫を知りたい方
・インスタ映えなお庭を造りたいと考えている方

 

今回は、
一工夫でおしゃれな家に早変わりする
「エクステリア」を紹介します。

そんな方法あるの?
と思われる方も多いのではないでしょうか。

実は、
「植栽+照明」を用いることで
ぐっとおしゃれになります。

シンボルツリーを採用し、
インスタ映えするエクステリア設計を!

見どころ一覧

 

では、
早速「シンボルツリー」を紹介していきます。

まず「建物の外観」
引き立たせてくれるのが、
エクステリア(外構)です。

主に
「外構=お庭・駐車場」を示すことが多いです。

実は
このエクステリアが
「建物」に大きな影響力を持っています。

その中でも注目したいのが
「シンボルツリー」の存在です。

シンボルツリーがあるか、ないかで
建物内外のイメージがぐっと変わってきます。

・そもそも「シンボルツリー」とは?

シンボルツリーとは、
名前の通り「象徴となる樹木」のことを意味します。

新築やリフォーム、
新しい家族の誕生等の
お祝いの「記念樹」として
植えられる場合も多いです。

マイホームだけではなく、
寺院やお城等の「歴史的建築物」の敷地内にも
「シンボルツリー」を見かけることが多く、
建築物の景観に彩りを加えています。

またシンボルツリーの多くは、
玄関アプローチやリビングから見えるお庭、
どこからでも緑を感じることができる位置
に設けることが多いです。

更に夕方からのライトアップは、
建物の外観をより美しく表現することができ、
気軽にできるおしゃれ術と
言っても過言ではありません。

ライトアップをすることで陰影が出て、
立体感が増し、高級感を演出することができます。

・「シンボルツリー」のメリットとは?

・家の目印になる
・成長を楽しむことができる
・季節感を感じることができる
・家をパワーアップさせる
・目隠し効果
・防犯対策やプライバシーを守る
・日差しや風よけ対策
・火災の延焼緩和
・空気汚染の防止と癒し効果
・お庭の設計がまとまる
・小さなお庭を広く見せる

・家の目印になる

シンボルツリーの名前の通り、
家の目印になります。

住宅街には、
似たような家が立ち並ぶことも多く、
来訪者が迷ってしまうことも多くあります。

その際に「〇〇の木」と言えば目印になり、
より覚えてもらいやすくなるでしょう。

また特徴的なシンボルツリーを
採用することで他の家との差別化ができます。

・成長を楽しむことができる

記念樹として設けられることが
多い「シンボルツリー」ですが、
お子さんの成長等と一緒に
記念樹の成長を楽しむことができます。

家を建てて、
10年後に大きくなったお子さんと
シンボルツリーの思い出話をするのも素敵ですね!

・季節感を感じることができる

シンボルツリーを設けることで
移ろいゆく季節を感じることも可能です。

秋になると花が落ち、
春になると花が咲く。

何気ない日常に
「緑」を設けることで
心豊かな生活を送ることができます。

・家をパワーアップさせる

「シンボルツリー」を設けることで
「建物の外観」が非常に良くなります。

高い樹木を選ぶことで
「建物と樹木」が重なり合って美しく見え、
奥行き感が生まれることで
より素敵に演出してくれます。

夜のライトアップがとてもおすすめです。

・目隠し効果

目隠しをする方法は、いくつかあります。

その中でも背の高い目隠しをするには、
シンボルツリーを設けるのが非常に簡単です。

樹木と目隠しフェンス
組み合わせるとより効果的です。

ブロック塀で高さを確保すると、
ジメジメしやすく、
カビっぽくなってしまう場合もあります。

樹木で考えると
風通しが良いので安心ですね。

・防犯対策やプライバシーを守る

お庭に樹木を設けることで
「建物・敷地内部」を外から見えにくくする効果もあります。

内部が丸見えになってしまうと
生活もしにくいですし、
落ち着かないですよね?

その効果により
防犯対策やプライバシーを守ってくれます。

・日差しや風よけ対策

樹木で「天然のカーテン」を設けることで
降り注ぐ日差しの量を軽減したり、
風よけ対策にもなります。

ただし、
定期的にメンテナンスをしていないと
暴風時に「倒木の危険性」
増えてしまうので注意が必要です。

・火災の延焼緩和

木造住宅は、
燃えると炭化し、
耐火性能を発揮してくれる効果があります。

そのため「耐火性のある樹木」は、
火災の延焼防止にも役立ちます。

万が一、
住宅街で火災が発生した場合でも、
火が燃え移るのも防いでくれるかもしれません。

・空気汚染の防止と癒し効果

樹木は光合成を行い、
空気を浄化してくれます。

お庭にシンボルツリーを設けることで、
空気をきれいにするだけでなく、
癒し効果を期待することができます。

・お庭の設計がまとまる

お庭やエクステリアの設計する際に
「植栽」が大きな役割を果たします。

「シンボルツリー」の見せ方で
デザインの幅がぐっと広がり、
視線の抜けやアイキャッチ、
全体構図をデザインしやすくなります。

また「樹木」の高さは、
平面ではなく、立体的な広がりを見せてくれます。

・小さなお庭を広く見せる

シンボルツリーは、
何本植えても問題ありません。

「樹木」を植えることで平面的だったお庭が
立体的に見えてきます。

大きな樹木を手前に、
小さな樹木を奥に植えると奥行きの演出ができます。

・「シンボルツリー」の選び方とは?

シンボルツリー選択に
「正解」はありません。

家族で選んで、
家族で植えて、
家族と共に成長することが
できればなんでも「シンボルツリー」になります。

しかし、
育ち方やお手入れの具合等の
「向き不向き」はあります。

そのため以下の2点は念のため確認をしましょう。

・環境を把握する

樹木を選ぶ前に
自分のお庭の環境をチェックしましょう。

日当たりはどうか、
風通しはどうか、
一年の気温差はどうか・・・

都内では、
お庭を設けるスペースがない場合も多く、
厳しい条件下でシンボルツリーを設ける場合が多いです。

十分な日当たりや風通しが確保できない場合は、
樹木の選び方に大きな影響を及ぼします。

日陰なら「耐陰性」のある樹木を、
寒冷地では「寒さ」に強い樹木を選ぶようにしましょう。

インスタグラムで見た植栽を採用したら
すぐに枯れてしまったという
場合もあるので注意が必要です。

適材適所という言葉があるように
樹木にも相性があります。

・その樹木の特徴を知る

樹木には花が咲くもの木、
葉や樹形を楽しむもの、
実を楽しむものと特長が様々です。

大きな特徴としては、
1年中葉をつけている「常緑樹」
四季に合わせて葉を落とす「落葉樹」があります。

すべてを「常緑樹」にするのではなく、
「落葉樹」と組み合わせると
楽しさもぐっとあがりますね!

しかし、
「落葉樹」は秋になると葉を落とすため、
落ち葉や実の掃除等は日常生活に影響してきます

必ずその樹木は、
どんな特性があって、
「常緑樹か落葉樹なのか」を確認しましょう。

今回は、
シンボルツリーについて紹介しました。

1本の樹木に家族の思いを託すだけで、
様々な楽しみ方が見えてきます。

家族の成長と共に
木の成長を感じるのも粋ですね!

家族の「思い・優先順位」を整理して、
素敵なシンボルツリーを選んでみてはいかがでしょうか。

「おすすめのシンボルツリー」は、こちらからご覧下さい!

皆様の素敵なマイホーム計画が
成功・成就することを願っております。

建築家 おすし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*